FC2ブログ

国語力をつけるなら!学習塾セモワ

大阪府交野市の個人塾です。読解力、思考力を養うことがテーマです。小・中・高・浪・大・社会人向け。論理エンジンコースがあります。

セモワのホームページができました!
情報をまとめています。
学習塾セモワ

ツイッターはこちら

↓イイネ代わりにポチッとお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 交野情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

塾教育 ブログランキングへ

習い事、個人教室ブログ・サイト様の相互リンク募集!


お問い合わせ
c0est0moi@gmail.com
080-4970-7676
電話には出られないことがありますが、折り返しこちらからお掛け直しします。
事情により、050から始まるお電話にはお答えできません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「本をたくさん読みなさい」と言われても…

つづきです。


-------------------------


2.「本をたくさん読みなさい」

正直にいうと、筆者は読書が苦手である。理由は複数あるが、1つには、読書中は他のことができない。そして、目が疲れる。さらに決定的なのは、興味がないということ。小中学生のころの私は、本を読みなさいという先生の言葉に頑なに反抗し、読書といえば詩集をちょこちょこ読む程度だった。なぜ反抗してしまったのか。それは、上に書いた理由のせいももちろんあるが、「なぜ本をたくさん読まなくてはならないのかがわからなかった」からだろう。読みなさい読みなさいと言われても、読む気になれない。読みなさいとは言われても、その理由を教えてもらうことはなかったので、私は本を読まなかった(最終的に、大学受験の際に読んだ現代文の問題が「読書」の大半を占めることとなった)。今なら本を読むことが重要だという理由をいくつか思いつくことができる。それは、考える力、読解力、知識、興味を得ることができるからだろう。
 国語力をつけ国語の成績を上げるには、本をたくさん読めばいい。理屈としてはこうなるのかもしれないが、実は私は今でも納得していない。しかし、現に読解力等がつくことは間違いないので、苦い顔をしながらも認めることにしよう。読めるならば読んだほうがいいのだ。とはいえ、中3や高3の忙しいときになっていまさら本をたくさん読むことなんて、できないだろう。それ以外の学年でも、部活やら勉強で忙しいだろう。同じ読むなら漫画のほうが楽しいのかもしれないし、必要な読書はどちらかというと小説よりも論説・評論文なのだから、なかなか手が出なくても仕方がない。本をたくさん読むことは国語の勉強に結びつく大きな道ではあるだろうが、単純でいて実はなかなか難しい道である、と筆者は思う。
だからといって本を読むなとは言わないし、思わない。さきほども書いたが読めるならば読んだほうがいい。しかし、時間がない、読みたい本がない、読む気がないからといって、国語力がつかないわけでもない。要は、広く浅くか狭く深くの差なのだろう。難しい本をまる一冊、なんとなく内容を理解しながら読むことと、その中の一章、いや一節でも、しっかり分析しながら読むことのどちらに比重を置くかだ(読解力をつけるのが目的の場合は一節でも力がつくだろう。しかしながらその本に書かれていることを知識として得たいならば、丸一冊読むしかない)。

--------------------------
スポンサーサイト

別窓 | 指導教科について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<セモワの指導方針とその内容① | 国語力をつけるなら!学習塾セモワ | 「現代文」の力が他教科にどのような影響を与えるか>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 国語力をつけるなら!学習塾セモワ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。